2020年7月27日月曜日

コロナを乗り切れるか 自己管理力が試されている

コロナ感染が増えています。
第二波と呼べるのかわかりませんが、感染が拡大しています。

スペイン風邪では、第二波に致死率が10倍になったとされています。

このような報道がなされていますが、
私が思いましたのは、
・同じ報道を知らされていても、備えについて、意識が人によって大きく分かれる
ということでした。

自分の身近でも、
・手洗いをマメにする人、一方、そこまではしない人
・うがいをマメにする人、一方、そこまではしない人
・免疫力をあげる努力を日常からする人、そこまではしない人
いろいろな人がおられます。

これからの時代を生きていくには、
●答えのない課題を自分で切り開く力が必要
と言われていましたが、まさに今そのような状況になったと言えるのではないでしょうか。

致死率が10倍になったことが過去にはあったもしれないが、今回はそこまではならないのではないか、と思ってしまう自分をなんとか排除して、私は最悪の想定をして、備えとしてできうることはすべてやるのが今回の答えではないかと思っています。

そこまではいいだろう、という油断をすべて取り除いて、万が一にそなえて、考えられることはすべてやる。

そのようにいいながら私も「そこまでするのはまだ先でいいか」「これぐらいで大丈夫だろう」と思ってしまっています。
これまでに続いてきた生活はこの先も続くと思ってしまうのかもしれません。
頭で危機とわかっていても、気持ちと身体は慣性に流されています。

前回記事で紹介しました修道中学校高等学校様のベーシックルーブリックにある「開拓者」「独立心」はそのあたりのことを本当にうまくついた独自の内容だと思います。

流されないで自分の意思を貫くというのは難しいことなんだ、とつくづく思います。
また、今回はそのあたりの人間の弱さも試されているのかもしれないですね。

2020年7月25日土曜日

進むべき方向をはっきりと見据えましょう

このままでは日本の子供たちの学力レベルが低下してしまうと言いながら、
なんとなく危機感が感じられない状況だと私は思うのです。

危機感があまり高くない原因を少し考えてみました。
いろいろあるのでしょうが、大きいのは

・目指すものがぼやっとしている
・がんばろうとはいわれるが、数値的に成長の成果が示されるのは、
具体的には定期テストとか模擬テストぐらいしかない

という部分ではないでしょうか。

そこで出てきたのが、『ルーブリック』です。
このブログでも何度も紹介させていただきました。

ルーブリックの特徴には
・目指すものをはっきりと認識できる
と同時に、
・現状の自分には改善すべき課題がまだまだあると意識づけできる
という部分があります。

日本の教育界では、ルーブリックの必要性が数年前より言われております。
いろいろな学校で試行されているのを拝見させていただきました。
教科における理解度や達成度を測るルーブリックが一般的には多いのではないかと思われます。

私どもヒューマンリンクでもルーブリック導入のお手伝いをさせていただいてきました。
私どもが最もおすすめするのは「望ましい価値観をもっているか」についての価値観ルーブリックです。

価値観は人間形成のベースであるという考えから「ベーシックルーブリック」とも呼んでいます。

ルーブリック策定をご一緒した学校のベーシックルーブリックはどれもすばらしい内容のものばかりですが、特に自信をもって紹介できますのが、広島県の修道中学校高等学校のベーシックルーブリックです。

(修道中学校高等学校の公式HPに公開中)

弊社 株式会社ヒューマン・リンク 

2020年7月18日土曜日

まだまだ注目校になれる生徒募集

今回は、高校を受験する側になって思ったことです。

私は、コンサルタントとして色々な学校に回らせてもらっていて思っていたのは、
・私学の生徒募集は考えられる手を尽くして佳境に入っている
・これから新しい手を施して生徒募集しても現状を変えていくのは難しいのではないか
ということでした。

説明会やオープンスクールのイベント、デザイン性の高い学校案内パンフレット、更新頻度の高いホームページ。

弊社が創業スタートした平成のはじめごろは、なかった取り組みばかり。
工夫と試行錯誤の結晶と言えるものが目白押しです。

なので、「A校はこのような取り組みがある。一方、Bはあのような取り組みがある。」というような特色が受験生側にある程度伝わっていると思っていました。

が、実際に受験する側になって思ったことは、
私立も公立も、「○○のような特色があって、高校時代にこのような体験や成長ができる。」のような内容はほとんど伝わっていない。
ということでした。

なので、学校選びをするといっても、決定打がないので、選びようがありません。
したがって、学力にあったところで選ぶ必要があるから選ぶ、というような状況でした。
これは自分だけでなくまわりをみわたしても大方このような感じだったのではないでしょうか。
(がんばりたい部活動がある生徒は別ですが)

今生徒に探究活動を求めることが多いようですが、

生徒にやらせるだけでなく、

学校も
●良い教育、良い学校、絶対に入りたいと言わせる学校づくり
に向けての探究活動に邁進する時期なのではないかと思いました。